MENU

 俺の初めてのセックスの相手は、26歳の女の人だったんです。
年上の奇麗な顔した人で、こんな素晴らしい相手と初体験をすることができてとても良い思い出を作ることができたと思っています。
童貞だったこともあって、早く卒業したいという気持ちは常に持ち続けていました。
性欲は若さもあってかなり激しいものがあり、一日に何度かのオナニーをしてしまうほどだったりしたんです。
ネットのエロ動画とか画像を見ながら、ギンギンのチンチンをシコシコとやってた精液を噴射。
どうしてもリアルで女の子の肉体を使った快楽を味わいたい、激しく乱れた行為を楽しみたいという気持ちがありました。
初めての経験をサポートしてくれたのがセフレアプリです。
インターネットを使って筆おろしをしてくれる女の人探しをしていたんだけど、知り合うことができたのが26歳の介護士をしている人でした。
アプリ内でやりとりを続けた後に、LINEのID交換に成功して通話でかなり盛り上がることができました。
「私の体で初めての経験してみる?」
この言葉が出た時は舞い上がってしまいました。
「ほんとにいいですか?」
「頑張って私を気持よくしてね」
「は、はい、腰が抜けるほどやります」
こうやって会話を楽しんで行きリアルな関係を作る約束をしたのです。
さすがに待ち合わせ当日は、激しい緊張感に見舞われてしまいました。

約束をした介護士の人と本当に会えるかどうかだって分りませんからね。
だけど待ち合わせ場所にやってきてくれて、正直ガッツポーズしちゃったんですよね。
そしたらクスクスと笑われてしまいました。
「それじゃ、ホテルに行こうか」
そう言われて彼女に付いて行きました。
ラブホテルも初体験だったし、部屋の選び方とかも教えてもらいました。